FP試験前日、何をやる?

*

FP試験前日、何をやる?

さて、いよいよFP試験を明日に控えた試験前日。
皆さんは何をして過ごすでしょうか?
おそらく、「何していても気が気でない!」と落ち着かない受験生がほとんどでしょうが、焦りや不安ばかりに心を支配されていたのではいけません。

本ページではFP試験前日、受験生がやるべきことをご紹介します。

◇何はともあれ「総復習」!

FP試験前日に取り組むべきは、「全科目の要点チェック」です。
その際、自分が苦手な分野、なかなか覚えられない箇所を中心に復習するのは良いのですが、くれぐれもこうした“不安箇所のみ”の取り組みに終始しないよう、お気を付けください。

「基本的なところは覚えているから大丈夫、得意科目についてもこの際復習はしなくて良いや」と強気な受験生もいらっしゃいますが、これでは肝心な試験当日、足元をすくわれかねません。
一般的な受験生の場合、試験が近づいてくると、不安から“苦手箇所”にばかり固執するようになります。

しかしながら、自分で「得意!」と思い込んでいる科目についても、試験一週間前から全く目を通さなくなれば、たちまち知識が危うくなってくるものです。
もちろん、FP試験の合格を狙う上では苦手克服、不安箇所の解消は重要ですが、一方で「いかに得意科目で点を伸ばせるか」もまた、同じくらい大切

よって、FP試験の前日くらいは全体にさっと目を通し、各科目まんべんなく知識を呼び起こす作業をするのが得策です。

◇前日の総復習が合否を分けることも

FP試験に限らず、どんな資格試験であっても「前日位はゆっくり、無理のないように過ごすのが良い」という意見があります。
確かに、前日に無理をして、肝心な試験当日に頭が働かない、体調が悪い、というのではこれまでの努力が水の泡です。

しかしながら実際に受験してみると、「前日の総復習が非常に重要だった」と実感するケースもしばしばあります。
その一例が、前節でも触れたとおり、「得意と思っていた科目について、意外な知識の抜けに気が付くことができた」といった場合です。
得意だから、と余裕に構えているままであれば、おそらく本試験で痛い目にあうことでしょう。

また、少しでも取り組んでおけば「前日に見たところが出た!」という可能性だってあるかもしれません
前日に何もしなければ、もちろん、こうした可能性に期待することも不可能です。

もちろんFP試験の前日になって無理は禁物ですが、だからと言って「何もしない」というのでは非常に危険。
最後の最後まで、ベストを尽くすべきです。


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FP試験前日、何をやる?関連ページ

FP試験の「合格基準」とは?
FP試験合格に向けて頑張る皆さんの目標は、現状、どこに設定されているでしょうか? 「テキストの内容を完璧に覚え […]
「今年はダメかも」…再スタートはいつから?
FP試験終了後「あぁ、今回はダメかもしれない」と落胆されている皆さん、はっきり言って、がっかりしている暇はあり […]
「合格見込みあり」、発表日までどう過ごす?
さぁ、無事にFP試験受験を終えられた皆さん。まずはお疲れ様でした! 試験を受けてみて、自己採点の結果「合格見込 […]
受けるなら3級から?それともいきなり2級?
FP試験に初めて挑戦する受験生であれば、ほとんどが「3級から順に受けていこうか」となるでしょうが、皆さんの中に […]
FP技能検定が終わったら
◇自己採点してみよう FP技能検定が終了し、一息ついたら、自己採点をしてみましょう。 FP技能検定は問題用紙を […]
FP技能検定当日の持ち物と昼食
◇テキストは少なく持つ FP技能検定に持参するものについては、前のページでお話ししました。 ○受験票、筆記用具 […]
FP技能検定直前にすること
◇試験会場のチェック FP技能検定の試験直前になったら、必ずしなければならないことがあります。 まず、試験会場 […]