FP技能検定の試験科目

*

FP技能検定の試験科目

◇FP技能検定に必要な知識

FP技能検定の特徴は、何と言っても、その試験範囲の広さにあります。
ファイナンシャル・プランナーに要求されるものは、詳細な知識というよりはむしろ俯瞰的、全体的な知識なのですが、FP技能検定の段階においては、やはり個々の項目についての詳しい知識が必要となります。

試験科目

◇FP技能検定 学科試験の科目

FP技能検定は、下記の科目について実施されます。

A ライフプランニングと資金計画
1.ファイナンシャル・プランニングと倫理
2.ファイナンシャル・プランニングと関連法規
3.ライフプランニングの考え方と手法
4.社会保険
5.公的年金
6.企業年金
個人年金
7.年金と税金
8.ライフプラン策定上の資金計画
9.ローン及びカード
10.ライフプランニングと資金計画の最新の動向
※2級及び1級は上記に加え、11.中小法人の資金計画

B リスク管理
1.リスクマネジメント
2.保険制度全般
3.生命保険
4.損害保険
5.第三分野の保険
6.リスク管理及び保険
7.リスク管理の最新の動向

C 金融資産運用
1.マーケット環境の理解
2.預貯金・金融類似商品
3.投資信託
4.債権投資
5.株式投資
6.外貨建商品
7.保険商品
8.金融派生商品
9.ポートフォリオ運用
10.金融商品と税金
11.セーフティネット
12.関連法規
13.金融資産運用の最新の動向

D タックスプランニング
1.税制全般
2.所得税の仕組み
3.各種所得の内容
4.損益通算
5.所得控除
6.税額控除
7.定率減税
8.所得税の申告と納付
9.個人住民税
10.個人事業税
11.タックスプランニングの最新の動向
※2級及び1級は、上記に加えて、12.法人税、13.法人住民税、14.法人事業税、15.消費税、16.会社、役員間及び会社間の税務、17.決算書と法人税申告書、18.諸外国の税制度

E 不動産
1.不動産の見方
2.不動産の取引
3.不動産関連の法令上の規制
4.不動産の取得・保有にかかる税金
5.不動産の譲渡にかかる税金
6.不動産の賃貸
7.不動産の有効活用
8.不動産の証券化
9.不動産の最新の動向

F 相続・事業承継
1.贈与と法律
2.贈与と税金
3.相続と法律
4.相続と税金
5.相続財産の評価
6.不動産である相続財産の評価
7.不動産の相続対策
8.相続と保険の活用
9.相続・事業承継に関する最新の動向
※2級及び1級は、上記に加えて、10.事業承継対策、11.事業と経営

◇級による違い

FP技能検定は、3級から1級まで試験があります。
試験科目自体は、上記の通り概ね共通していますが、設問の難易度は、当然ながら級によって大きく異なっています。

同じ項目であっても、3級に要求されるものは概略的な知識、2級は(仕事で通用するような)一般的な知識、1級はより詳細な知識というように、上の級になる毎に知識の深さが求められています。


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FP技能検定の試験科目関連ページ

FP技能検定の必要勉強時間
◇平均必要勉強時間は? FP技能検定の必要勉強時間については色々な意見がありますが、概ね下記の時間が平均のよう […]
FP技能検定の合格ライン
◇FP技能検定の合否判定 FP技能検定は、絶対評価方式により、合格不合格が決定されます。 絶対評価方式とは、「 […]
学科試験と実技試験
◇FP技能検定の試験方式 FP技能検定は、学科試験と実技試験とで構成されています。 学科試験と実技試験は別々に […]
FP技能検定の受検資格
◇FP技能検定の受検資格 世の中に、数多くの資格試験がありますが、誰でも受験できる試験もあれば、「短大卒業以上 […]
FP技能検定の日程
◇学科試験は基本的に1年に3回 FP技能検定は、基本的に1年に3回実施されます。 5月、9月、翌年1月です。 […]