FPの仕事は

*

FPの仕事は

◇色々なFPが活躍している

FP(ファイナンシャル・プランナー)という職業はよく知られています。
しかし、その具体的な職務内容を説明できる人は少ないのが現状です。

ファイナンシャルプランナー
FPと聞くと、まず保険会社の営業職を想定する人も多いかと思います。
生命保険や損害保険の販売をする際に、クライアントの将来的な必要保障額等を考え、その人に合った保険を販売する仕事は、確かにFPの業務です。

また証券会社で投資信託を販売しているFPもいます。
こちらもクライアントの現況や希望を聴取し、将来的な見通しを立てて、その人のニーズに合わせた投資信託を選択します。
その他にも、不動産営業で活躍するFPもいますし、相続に関する相談を専門にしているFPもいます。

このように、FPという仕事は活躍の場が広く、活躍の分野も多いため、「これがFP」という定型的なイメージができにくいのです。

◇FPの仕事内容は

しかし、生命保険を販売しているFPも投資信託専門のFPも、また他の業種で活躍しているFPも、コンサルティングを主業務としているFPにはある共通点があります。

それは、
①クライアント個人の要望を実現させるために、
②多岐に渡る金融関連の知識(FPの知識)を用いた俯瞰的な視点で、
③他の専門家と連携しつつ、
④クライアントに最適なプランニングを提供する ということです。


ですからFPという仕事は、金融についてのトータルプランナーとも言えます。

◇企業系FPと独立系FP

現在の日本では、証券会社や生命保険会社、損害保険会社、不動産会社等に勤務して活躍する企業系FPが主流です。

しかしまだまだ少数ながら、自分で事務所を開いて営業している独立系FPもいます。
独立系FPの業務内容は様々で、個々の得意分野を活かして、マイホーム取得相談を専門にしたり、相続相談を専門にしたりと、特色あるサービスを提供しています。

こうした独立系FPは、主に都市部を中心に増加傾向にあるようです。


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

FPの仕事は関連ページ

FP技能検定とは
◇技能検定とは さて、このサイトは「FP技能検定」を掘り下げるサイトですが、そもそも「技能検定」とは、どのよう […]
FP資格でできること
◇独占業務はない FPという資格には、独占業務はありません。 独占業務というのは、「これこれの仕事はFP資格者 […]