通学について(1)

*

通学について(1)

◇FP技能検定と資格予備校への通学

このページでは、FP技能検定の受検のために、資格予備校に通学するケースについて考えてみましょう。


◇通学の特徴① 費用がかかる

資格予備校への通学の特徴の一つに、「学習費用が高い」ことがあげられます。
前の方のページで「独学の場合は、最安で2~3万円で済む」とお話ししましたが、通学の場合は、(学校にもよりますが)10万円を超えることが多いようです。

しかし「費用がかかる」という事実は、反面モチベーションの原動力にもなります。
「これだけ学費を支払ったのだから、簡単には止められない」という気持ちになるからです。


◇通学の特徴② 教材等は学校が決める

そして通学の場合は、テキスト、問題集、参考書などの教材は、学校側が全て選定します

「独学」の説明のところで、「教材の選定は大変である」旨をお話ししましたが、その大変な作業を学校側がしてくれるわけです。

しかし、学校という場所は受検者を多数集めて講義を行うという特徴から、テキストも講義内容も、どうしても万人向けのものになりがちではあります。


◇通学の特徴③ 講師が目の前にいる

通学という学形態では、基本的に、講師が目の前で話をします
自分でテキストを読んで理解しなければならない独学と違い、座学の場合は講師が緩急をつけてしゃべってくれるので、疲れているときでも、内容が頭に入ってきやすいと言えます。

また、勉強途上でわからない箇所が出てきたときも、直接、講師に質問をすることができます。


◇通学の特徴④ 勉強時間は学校次第

資格予備校では、学習カリキュラムが設定されていますので、基本的にはその時間割に従って勉強することになります。
そうすれば、FP技能検定合格に必要な内容を、くまなく学習することができるようになっています。

しかし、この「全科目を均等に学習する」ということは、特徴がある受検生の場合は、学習効率に問題をもたらすこともありえます。

例えば宅建主任者免許を持っているため「不動産」科目の知識が十分にある人の場合でも、他の受検生と同じく「不動産」を基礎から勉強しなければならないからです。

反面、全科目の講義が均等になされるということは、嫌いな科目や苦手な科目が最小限に抑えられるということにもつながります。
座学で講義を聴いているうちに、苦手科目でも理解が進むことも多いのです。


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

通学について(1)関連ページ

FP技能検定の攻略のコツ
◇範囲の広い試験だが・・・ FP技能検定は、とても範囲の広い試験です。 テキストも数冊以上に及び、当然、覚えな […]
実技試験の対策は
◇実技試験の出題方式 FP技能検定は、学科試験と実技試験とで構成されています。 「実技試験」と聞くと、何の実技 […]
効率的な勉強法は
◇全科目を勉強する FP技能検定の学科試験は、60問中36問の正解で合格できます。 6割取れればよいのです。 […]
苦手科目がある場合は
◇誰でもある苦手科目 FP技能検定という試験は、試験範囲が非常に広いという特徴を持っています。 ライフプランニ […]
通信教育について(2)
◇通信教育の特徴④ 一人で勉強することになる 通信教育での勉強も、その場に「先生」はいません。 通信教育は独学 […]
通信教育について(1)
◇FP技能検定と通信教育 FP技能検定の勉強に通信教育を利用する人も増加しています。 通信教育という学習方法は […]
通学について(2)
◇通学の特徴⑤ 学習場所がある 「学習の場所がある」ということは、資格予備校を使う勉強法の大きな特徴です。 独 […]
独学について(2)
◇独学の特徴③ 勉強時間が自由である 前ページに引き続き、FP技能検定の独学についてお話しします。 独学の特徴 […]
独学について(1)
◇FP技能検定の独学 ここからは、FP技能検定の勉強方法について考えてみます。 FP技能検定に限らず、資格試験 […]
FP技能検定の勉強方法は
◇勉強法は3種類 FP技能検定の試験勉強方法は、大きく下記の3種類に分けることができます。 1 自宅で、一人で […]