通信教育について(1)

*

通信教育について(1)

◇FP技能検定と通信教育

FP技能検定の勉強に通信教育を利用する人も増加しています。
通信教育という学習方法は、独学と通学の中間に位置し、その特徴も両者の中間にあると言えます。
このページでは、通信教育という勉強方法について考えてみましょう。


◇通信教育の特徴① 費用は中間

いくつかの通信教育の学費を調べてみると、80,000円~150,000円(2級取得の場合)という金額が出てきました。

独学の学費が2~3万円、通学の学費が10数万円程ですから、通信教育の学費は、やはり独学と通学の中間であると言えます。


◇通信教育の特徴② 教材は講座が準備

通信教育の場合は、通学と同じく、学習教材は全て通信講座側が準備します
昨今の通信教育は、テキストや問題集だけでなくDVDやCDなどの媒体も使用されますが、その全てを講座側が用意してくれます。

ですから独学の場合のように、自分で教材選定をする手間がかからず、その分時間が節約できるという利点があります。
その反面、自分の好みの教材が選定できないという見方もできます。


◇通信教育の特徴③ 勉強時間が自由である

勉強時間を自由に設定できるという点も、通信教育の特徴です。

通信教育は、教材や情報を講座側が提供してくれますが、学習という行動については独学と変わりはありませんので、当然学習時間も自ら設定することになります。

ですから、「得意科目の時間を短めに取り、その分を苦手科目にまわす」「学科試験の勉強時間を減らす代わりに、実技試験の勉強時間を増やす」といった自由がきき、自己管理ができる人にとっては、独学と同様、極めて効率の良い学習方法だと言えます。

ただし自己管理が難しい人にとっては、試験合格から遠ざかる原因となりやすいので要注意です。学習時間が自由になるということは、学習時間を減らしたりゼロにしたりすることも自由だからです。


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?

通信教育について(1)関連ページ

FP技能検定の攻略のコツ
◇範囲の広い試験だが・・・ FP技能検定は、とても範囲の広い試験です。 テキストも数冊以上に及び、当然、覚えな […]
実技試験の対策は
◇実技試験の出題方式 FP技能検定は、学科試験と実技試験とで構成されています。 「実技試験」と聞くと、何の実技 […]
効率的な勉強法は
◇全科目を勉強する FP技能検定の学科試験は、60問中36問の正解で合格できます。 6割取れればよいのです。 […]
苦手科目がある場合は
◇誰でもある苦手科目 FP技能検定という試験は、試験範囲が非常に広いという特徴を持っています。 ライフプランニ […]
通信教育について(2)
◇通信教育の特徴④ 一人で勉強することになる 通信教育での勉強も、その場に「先生」はいません。 通信教育は独学 […]
通学について(2)
◇通学の特徴⑤ 学習場所がある 「学習の場所がある」ということは、資格予備校を使う勉強法の大きな特徴です。 独 […]
通学について(1)
◇FP技能検定と資格予備校への通学 このページでは、FP技能検定の受検のために、資格予備校に通学するケースにつ […]
独学について(2)
◇独学の特徴③ 勉強時間が自由である 前ページに引き続き、FP技能検定の独学についてお話しします。 独学の特徴 […]
独学について(1)
◇FP技能検定の独学 ここからは、FP技能検定の勉強方法について考えてみます。 FP技能検定に限らず、資格試験 […]
FP技能検定の勉強方法は
◇勉強法は3種類 FP技能検定の試験勉強方法は、大きく下記の3種類に分けることができます。 1 自宅で、一人で […]