FP技能検定ラボラトリー TOP

*

FP技能検定ラボラトリー TOP

◇人気のあるFP技能検定

FP技能検定(ファイナンシャル・プランニング技能検定。以下「FP技能検定」と呼びます。)は、多くの受検者が集まる国家試験です。

近年、FP技能検定は、行政書士、宅地建物取引主任者、日商簿記2級等と並び、すっかり人気資格の上位にその名を連ねるようになりました。

平成14年度から、FP技能検定は国家資格となりましたが、そのことも人気上昇要因の一つかもしれません。

◇受検しやすいFP技能検定

FP技能検定は、行政書士試験や宅地建物取引主任者試験と比べて、比較的解答しやすい問題で構成されています。

行政書士試験や宅地建物取引主任者試験は、限られた範囲の科目を深く掘り下げる問題が出されますが、FP技能検定は”浅く広く”出題がされ、それゆえ一問一問はそれほど解答が困難なものではありません。

また、行政書士試験や宅地建物取引主任者試験は1年に一度しか試験が実施されませんが、FP技能検定は、一部の級や科目を除けば、1年に3回も試験が行われます。

一度不合格になっても、4ヶ月後にはまたチャンスが巡ってくるわけですから、受検しやすい試験だと言えるでしょう。

◇会社で活かせるFPの知識

FP技能検定の特徴の一つに、会社員の受検者が多いことがあげられます。

銀行、証券、生保損保などの金融関連企業に勤務している受検者は、当然ですが、かなりの数になります。
こうした人達は、FP技能検定の学習で得た知識を直接仕事に活かすことができますし、また会社が受検を推奨することも多いようです。

そして金融関係以外の会社員も多数受検し、合格を果たしています。
総務、経理、財務といった部門で働く人達は、その業務でFP知識を発揮できるため、受検者も多いのです。

◇自分の資産運用のためにも

FP技能士としての知識は、自分自身の資産運用や老後設計にも使うことができます。
マイホーム取得の際などにも、不動産営業の言葉に惑わされず、自分の知識で様々な条件について考え、判断することができます。

実際、FP技能検定の受検動機として「自分の資産のため」と答える人も多いのです。

◇FP技能検定を受検する人に

このサイトは、FPという仕事に興味を持った人、これからFP技能検定を受検しようとしている人のためのFP技能検定情報サイトです。

「FPとは何の仕事をする人なのか?」「FP試験はどのような体系になっているのか?」「FP技能検定とAFPとはどういう関係なのか?」「FP技能検定の受検勉強の仕方は?」等々、様々な情報を掲載しています。


ここに来てくれた方の情報源に一つになりましたら幸いです。
>次のページ「FPの仕事」


>最も効率的にFP資格を取得する方法とは?